窃盗(万引き)|弁護人が入ったことで示談が成立し、不起訴処分を獲得した事例

事案の概要

 以前も万引きで検挙された経験のある方が、将来への不安など心の不安定さから再度食料品を万引きしてしまった事案でした。

 ご依頼者は、事件直後、ご相談に来られる前に、すでに自ら警察官を通じて被害店舗に謝罪と被害弁償を申し出ていました。しかし、警察官から、被害店舗より謝罪も被害弁償も受けられないとの回答があった旨伝えられている状態でした。

 

 

弁護活動の内容

被害店舗との示談交渉

 上述のように、被害店舗からは既に断られてしまっている旨伺っていましたが、改めて弁護人から、被害店舗に対し心から謝罪をし、被害弁償を申し出ました。

 ご依頼者の謝罪と反省のお気持ちを丁寧にお伝えし、被害弁償をさせていただきたい旨お伝えしたところ、被害店舗の方は、ご依頼者の作成した謝罪文及び被害弁償を受け取ってくださり、謝罪を受け入れてくださいました。そして、最終的には、ご依頼者を許し、刑事処罰を求めないことを内容とする示談が成立しました。

 

カウンセリング受診の提案

 ご依頼者は、前回事件を起こしてしまったときも今回も、類似の状況下で精神的に不安定になったことをきっかけに万引きに至ってしまっていました。そこで、類似の状況に置かれても、精神面をコントロールし、決して再犯に至ることのないよう、カウンセリングの受診を提案しました。

 

検察官に対する働きかけ

 ご依頼者の反省の気持ち、被害店舗との間で示談が成立したこと、ご依頼者自身が万引きを繰り返してしまった原因を自覚し、再犯防止のためカウンセリングを受診していることなどを、検察官に対し、意見書として丁寧に伝えました。

 

弁護活動の結果

 その結果、ご依頼者は不起訴となりました。

 たしかに、一切の謝罪や被害弁償を受け入れない方針の店舗は存在します。しかし、本件のように、ご自身で申し出てお受けいただけなかった場合にも、弁護人を通せばお受けいただける場合もあります。

 ご自身で申し出た被害弁償を断られても、諦めることはありません。弁護人が間に入ることにより、被害弁償をお受けいただくことができ、示談を成立させられる可能性があります。まずは、ご相談ください。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP