傷害(罰金前科あり)|不起訴を獲得した事案

事案の概要

商業施設で口論になった相手を押して転倒させ、怪我を負わせてしまった事件でした。

ご依頼者はその前年にも傷害罪で罰金刑になっていたということがありました。

検察官に書類送検された後、検察官から被害者と示談をした方が良いのではないかと促され、ご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼者は、これまで謝罪や被害弁償をしたかったものの、どのようにしたら良いかわからなかったようでした。

そのため、ご依頼をいただいてからすぐに被害者の方に謝罪と被害弁償の申し出をいたしました。

被害者の方は当初は示談に消極的でした。

ですが、ご依頼者の反省の姿勢などを丁寧にお伝えした結果、最終的には示談に応じていただきました。
ご依頼をいただいてから示談が成立するまでは、約2週間でした。

 

 

弁護活動の結果

その結果、ご依頼者は不起訴となりました。

被害者の方に謝罪したい、被害弁償をしたい、示談をしたいという思いを抱きながら、どうしたらよいのかわからない方が一定数いらっしゃるようです。

検察官によっては、弁護士に頼むことを示唆してくれて、それで弁護士に依頼することができ、謝罪、被害弁償や示談をすることができています。

ただ一方で、そのような示唆をせずに、略式請求をして罰金にしたり、裁判にしてしまう検察官も一定数います。

そうなってしまうと、もはや不起訴にしてもらうことはできず、前科がついてしまいます。

被害者の方に謝罪をしたい、被害弁償をしたい、示談をしたいと思っている方は、まずは弁護士にご相談ください。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件専門の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP