背任+業務上横領で不起訴処分となった事案

事案の概要

勤務先において,金品の着服行為があったとされる事案でした。背任罪と業務上横領罪で書類送検された後に,ご依頼を受けました。

 

 

弁護活動の内容

被害金額は1000万円以上と非常に高額で,処罰感情も強く,公判請求も十分考えられる状況でした。

被害金額が1000万円であると,前科や前歴がなくても実刑,しかもそれなりの年数の実刑判決が予想されます。

ですので,我々は誠意を尽くして示談交渉を行いました。

 

 

弁護活動の結果

その結果,背任・業務上横領いずれについても示談が成立し,不起訴処分となりました。

ご依頼者は刑務所に行くことなく,社会復帰をすることができました。

 

 

背任、業務上横領罪ってどんな犯罪?

 特別背任・背任解説ページへ

 業務上横領罪の解説ページへ

 



刑事事件・少年事件専門の法律事務所
弁護士法人 ルミナス