脅迫罪|勾留請求をさせなかった事案

事案の内容

ご依頼者が知人女性と口論になった際に、知人女性を脅迫したとされる脅迫罪の事案でした。

逮捕されてからすぐにご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

依頼をいただいてすぐにご依頼者と接見しました。確かに、脅迫文言を言ってしまった事実自体は認められていましたが、もともと旧知の知人同士の喧嘩のような事案で、逮捕それ自体も不当ではないかと思われるような事件でした。

ご本人から事情聴取をしてすぐに配偶者から身元引受をもらい、翌日朝一番で検察官と面談しました。

そして、検察官に意見書を提出し、勾留の必要性など存在しないことを説明しました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、勾留請求はされずにご依頼者はそのまま釈放されました。身体拘束が最短で済んで本当に良かったです。


東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP