迷惑防止条例違反(痴漢)|示談が成立し不起訴となった事案

事案の概要

 電車内で痴漢をしてしまったという方からご相談を受けました。

 ご相談いただいた際には、すでに検察庁に送致された後でした。

 ご本人はどう被害者の方に謝罪してよいのかわからなかったようです、検察官から弁護人を付けるということを聞き、謝罪と被害弁償をしたいということでご依頼を頂きました。

 

 

弁護活動の内容

 ご依頼を受けて、すぐに検察官に被害者の方への取次ぎをお願いしました。

 被害者の方やその周囲の方々は今回の被害にお怒りでしたが,誠実に交渉した結果、最終的にはご依頼者を許すという条項も入った示談が成立しました。

 

 

弁護活動の結果

 その結果、ご依頼者は不起訴処分となりました。

 痴漢などの被害者がいらっしゃる犯罪では、被害者への謝罪の申し出が遅くなればなるほど、お怒りが増幅し、示談を成立させることが難しくなります。被害者の方へ謝罪したいというお気持ちをお持ちの方は、すぐに弁護士にご相談ください。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP