迷惑行為防止条例違反(盗撮)|示談が成立し、不起訴処分となった事案

事案の概要

駅のエスカレーター上で、スマートフォンのカメラを利用し、被害女性を盗撮してしまったという事案でした。

その場で犯行が発覚したようでしたが、ご本人の身元が安定したため、逮捕や勾留をされることはありませんでした。

ご本人は、深く反省しており、もう二度と同じ過ちを繰り返したくないと、自ら再犯防止プログラムを受講していました。これに加えて、被害者の方に謝罪と被害弁償をさせていただきたいと相談を受けました。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼を受け、すぐに捜査機関にご本人の謝罪と被害弁償の意向を被害者の方にお伝えしたい旨伝え、被害者の方への取次ぎを依頼しました。

また、並行して、再犯防止プログラムを受講して感じたことや考え方の変化・内省の深まりについて、ご本人からの聞き取りなども行いました。

送検後、被害者の方とお話する機会をいただくことができたため、ご本人からの謝罪と反省、再犯防止のためにプログラムを受講していることやそこで感じていることなどご本人の気持ちを丁寧にお伝えしました。

 

 

弁護活動の結果

被害者の方は、ご本人の謝罪を受け入れてくださり、示談が成立しました。

示談が成立したことやご本人がプログラムを受講し、再犯防止に努めていることなどを重視され、本件は不起訴処分となりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP