迷惑防止条例違反(痴漢)|示談が成立し、不起訴処分となった事案

事案の概要

 被害者の女性の胸などを触ったという、迷惑防止条例違反(痴漢)の事案です。

 ご本人は、被害者の女性に謝罪したいという気持ちを強く持っていました。

 

 

弁護活動の内容

 被害者の女性への謝罪のお手紙を作成し、弁護人を通じて、お渡ししました。

 そのうえで、被害者の女性のお気持ちに配慮しながら示談交渉を行いました。示談交渉の中では、被害者の女性が不安に感じていることを丁寧に聴き取りました。そして、その不安が残らないようにするためにご本人が守るべき約束事項を明確にすることで、話合いによる解決を目指しました。

 

 

 

弁護活動の結果

示談の成立

 丁寧にお話を尽くした結果、ご本人の真摯な謝罪の気持ちが伝わり、「ご本人を許し、刑事処罰を求めない」という内容の示談が成立しました。

 

不起訴処分

 上記のような内容の示談が成立したこと、ご本人の真摯な反省・再犯防止に向けた取り組みが評価された結果、不起訴処分となりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP