逮捕監禁罪+傷害致死罪(裁判員裁判)|求刑の約62%の判決となった事案

平成28年10月20日、さいたま地方裁判所において、逮捕監禁・傷害致死被告事件(裁判員裁判)について求刑の約62%の判決を獲得しました。

検察官は、懲役8年を求刑していましたが、裁判所は、懲役5年の判決としました。

 

 

傷害致死罪ってどんな犯罪?

 傷害致死罪の解説ページへ



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP