窃盗

窃盗罪とは

定義

窃盗罪(刑法235条)は,他人の財物を窃取した場合に成立する犯罪です。

「窃取」とは,他人の占有下にある財物を,自己の占有下に移転をすることを言います。

 

 

法定刑

「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」(刑法第235条)

 

 

よくあるご相談の例

  • アルバイト先の更衣室で人の財布からお金を抜き取ってしまった。
  • 泥酔して寝ている人から財布を取ってしまった。
  • 子どもが友達と人の家に侵入してお金を盗んだとして逮捕されてしまった。
  • 自分は犯人ではないのに窃盗をしたと疑われている…

 

 

窃盗罪の弁護活動

事実関係を認める場合

 

一口に窃盗罪といっても,窃盗罪の中には

  1. 万引き
  2. 置き引き
  3. 侵入盗
  4. スリ

などと様々な類型があります。そして,その類型ごとに,検察官や裁判所の処分の基準が変わってきますので,それを前提とした弁護活動が必要となります。

 

また,窃盗罪は,財産に対する罪ですから,侵害された財産の回復,つまり被害弁償や示談をすることが最も有効な弁護活動になり得ます。

 

さらに,クレプトマニア(窃盗癖)が疑われる方については,専門の医療機関を紹介しておりますので,受診をしていただくことをおすすめしております。

 

 

事実関係を争う場合

 窃盗などしていないのに,窃盗をしたと疑われてしまっている。

 そのような場合には,ご自身には罪が成立しないことを明らかにしなければなりません。

 そしてそれは,警察や検察に疑われている段階(捜査段階)なのか,それとも裁判になってしまっている段階なのかによって,しなければならない対応や方法が変わってくることも十分にあり得ます。

 詳しくは,否認事件の弁護活動をご覧ください。

 

当事務所では、窃盗事件について、1件の無罪判決を獲得しております。

 

解決実績(一例)

クレプトマニアの方による窃盗罪(万引き)で不起訴処分となった事案

複数の建造物侵入+窃盗事件で,執行猶予判決となった事案

複数件のひったくりを行った少年事件で、保護観察処分を獲得した事案