弁護士 大橋 いく乃

 

弁護士大橋 いく乃おおはし いくの

所属弁護士会
  • 第一東京弁護士会
所属団体・役職
  • 第一東京弁護士会 刑事弁護委員会
  • 第一東京弁護士会 裁判員裁判部会
  • 刑事弁護フォーラム 事務局
学歴
  • 2010年3月千葉県立千葉東高校卒業
  • 2015年3月早稲田大学法学部卒業
  • 2017年3月早稲田大学大学院法務研究科卒業
  • 2018年12月最高裁判所司法研修所修了・弁護士登録

ご本人も、ご家族も、抱え込むことなく、一緒に最善の方法を見つけましょう

刑事事件は、非日常のようで、日常と連続しています。

誰もが、一瞬で、「加害者」になり、「被害者」になり得ます。

法科大学院時代、エクスターンシップやクリニックで実際の事件を目の当たりにし、刑事事件は、特別なひとのものではないと考えるようになりました。

 

しかし一方で、刑事事件や少年事件を起こしてしまった方は、大きな孤独を感じている方が多いように思います。事件を起こしてしまった自分は、事件を起こさず過ごしている方とは違う、と自暴自棄になってしまう方もいらっしゃいます。そのような孤独の中にいるご本人に寄り添い、じっくりとお話を聞き、全力で活動していくことで、自分はひとりではないと少しでも感じていただけるよう、尽力してまいります。

また、ご家族の方々は、ご本人が今後どのような処分を受けることとなるのか、どうすれば同じ罪を犯さないよう促せるのか、大変不安なお気持ちにあると思います。そこで、ご家族からも丁寧にお話を伺い、どのような結果を求めていくべきか、ご本人へのサポートとしてどのようなものが可能か、一緒に考えてまいります。

 

これまで、痴漢や盗撮、強制わいせつ、強制性交等(強姦)といった性犯罪から、窃盗(万引き、職場盗)やオレオレ詐欺、強盗といった財産犯、暴行や傷害といった粗暴犯、クレプトマニアや発達障害などといった精神障害を持つ方による事件など、事実関係を認める事件、争う事件問わず、様々な刑事事件・少年事件を扱ってまいりました。

 

ご依頼者、おひとりおひとりにしっかりと寄り添い、少しでもご本人・ご家族の不安を解消し、最善の方法を見つけられるよう、全力を尽くします。

ご本人も、ご家族も、どうか抱え込まないでください。決してひとりではありません。

一緒に最善の方法を見つけましょう。

 

初回法律相談 30分無料
24時間・土日祝日受付

PAGETOP