無罪判決実績

「99.9」という刑事弁護人を題材にしたドラマがありました。
「99.9」というのは、日本の刑事裁判の有罪率を表していると言われています。日本では、刑事裁判になってしまうと、99.9%有罪になってしまうのです。逆に言えば、無罪になる可能性は0.1%です。それほど、弁護士にとって無罪判決を取ることは難しいと言われています。無罪判決を1件も取れずに弁護士人生を終えることもよくあります。

そのような中で、弁護士法人ルミナスに所属する弁護士が獲得した無罪判決は、4件あります。このように無罪判決を獲得できるのは、当事務所に所属する弁護士が、無罪判決を獲得できるように常に法廷技術に関する研鑽を怠らないからです。
ここでは、実際に無罪判決を獲得した解決事例をご紹介いたします。

 

 

強制わいせつ被告事件で無罪判決を獲得(さいたま地裁越谷支部)

事案の概要

ご自宅に遊びに来ていた二人の子どもに強制わいせつをしたとされる事案でした。
ご依頼者は、全く身に覚えがない、そんなことをするはずがないとおっしゃっていました。
実際、当日はたくさんの子どもが来ており、そんなことはできないのではないかと思われました。

 

弁護活動の内容

当日、被害にあったと主張している二人の子どもの行動を徹底的に洗いました。
また、当日に来ていた子どもたちからたくさんの話を聞きました。
さらに、現場で再現をしてみるなどして、二人の話の矛盾点をあぶりだしました。

 

弁護活動の結果

矛盾点をあぶりだすことで、効果的な反対尋問を行うことができました。
その結果、無罪判決を獲得しました。
検察は控訴することなく、無罪判決が確定しました。

 

窃盗被告事件で無罪判決を獲得(東京地方裁判所)

事案の概要

上司のお金を盗んだとされる事件でした。
ご依頼者は、実は上司と共謀して会社のお金を横領したということでした。
ですので、横領なら認めるが、上司のお金を盗んだわけではないとおっしゃっていました。

 

弁護活動の内容

上記の内容を検察官に伝えましたが、検察官は上司のお金を盗んだというストーリーに固執しました。
検察官から開示された証拠を前提に、盗まれた被害者としての上司の行動の不自然さを立証し、反対尋問で上司の証言を弾劾しました。

 

弁護活動の結果

上司の行動の不自然さを立証することで、効果的な反対尋問を行うことができました。その結果、無罪判決を獲得しました。
検察は控訴することなく、無罪判決が確定しました。

 

強制わいせつ被告事件で無罪判決を獲得(東京地方裁判所)

事案の概要

典型的な痴漢冤罪の事件でした。
ご依頼者は、その電車に乗っていたことは間違いないが、決して痴漢なんてしていないとおっしゃっていました。

 

弁護活動の内容

同じ時間帯の電車に乗り、混雑状況の立証をしました。
それを前提とすると被害者の供述に不自然な点が出てきたので、反対尋問で弾劾しました。
また、ご依頼者との身長差を立証するために、ご依頼者の主尋問で犯行が不可能であることを立証しました。

 

弁護活動の結果

効果的な反対尋問と主尋問をした結果、無罪判決を獲得しました。
検察は控訴しましたが、東京高等裁判所は控訴を棄却し、無罪判決が確定しました。

 

準強姦(準強制性交等)被告事件で無罪判決を獲得(さいたま地方裁判所)

事案の概要

飲み会に参加した一人の女性が泥酔し、一人の男性が強姦したという事案でした。
ご依頼者は、その飲み会には参加したが、強姦したのは自分ではないとおっしゃっていました。
強姦された場所は、その飲み会の部屋とは離れた場所にある隠し部屋の中でした。

 

弁護活動の内容

検察官から証拠開示を受け、別の男性が強姦したと言っている証拠を獲得しました。
また、現場で再現をしてみるなどして、ご依頼者には犯行ができないことを確認しました。

 

弁護活動の結果

女性への反対尋問と、強姦していたと言っていた男性への反対尋問で、犯人は依頼者ではない可能性が極めて高くなりました。
その結果、無罪判決を獲得しました。
検察は控訴することなく、無罪判決が確定しました。

PAGETOP