法務省で行われていた「性犯罪に関する刑事法検討会」が、令和3年5月21日に、性犯罪に関する施策のあり方について議論・検討した内容を報告書に取りまとめ法務大臣に提出したというニュースがありました。

 

この検討会では、強制性交等罪の対象範囲を広げるべきではないか、その場合の法定刑はどうすべきか等の議論がされていました。

 

特に単に同意がない性交を処罰する「不同意性交等罪」の創設などが議論されていました。

 

その内容について、弁護士中原潤一が、弁護士ドットコムからの取材に答えました。

リンクはこちらです→性犯罪、刑法の見直しで「性交の不同意」はどうなる? 法務省検討会の報告、弁護士が分析 – 弁護士ドットコム (bengo4.com)

是非ご覧ください。

 

 

弁護士法人ルミナス法律事務所

弁護士 中原潤一



刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス(東京新宿・埼玉大宮)