令和5年3月3日に埼玉弁護士会で開催された被疑者否認弁護研修の講師を務めました。

 

この研修では、えん罪を訴える依頼者を不起訴にするために、捜査段階においていかなる活動をするのかということを、実際に行った弁護活動をもとに、弁護士を相手にその経験を共有するものです。

私は、令和4年に不起訴になった事件を3件ピックアップし、取調べについてはどのように対応するか、証拠はどのように集めるか、検察官とはどのような交渉をするか等についてお話ししました。講演後には質問も多数いただき、有意義なディスカッションができました。

否認事件では、無罪判決よりも、不起訴処分を獲得する方がはるかに重要です。それは、依頼者を刑事裁判にさらすことなく、早い段階で刑事手続きから解放することができるからです。

弁護士法人ルミナスでは、否認事件、冤罪(えん罪)事件で多数の不起訴処分を獲得しています。

あらぬ疑いをかけられてしまっている方は、弁護士法人ルミナスまでご相談ください。

 

 

弁護士法人ルミナス法律事務所横浜事務所

弁護士 中原潤一

 

刑事事件・少年事件を専門的に扱う
弁護士法人ルミナス法律事務所
東京 新宿/埼玉 大宮/神奈川 関内