埼玉弁護士会の被疑者否認事件弁護研修で講師を務めました。

講師活動

2019.02.16

 平成31年1月28日に埼玉弁護士会で開催された、被疑者否認事件弁護研修で講師を務めました。

 

 この研修では、逮捕・勾留されてしまったご依頼者が否認をしている(つまり,冤罪を訴えている)ケースにおいて、捜査段階の弁護活動をどのような思考過程で行っていくかということについて、当事務所で取り扱った実際の事例をもとに、埼玉弁護士会の弁護士を対象として解説いたしました。

 

 当事務所では、殺人、強制性交等致傷、強盗致傷などの重大事件をはじめ、窃盗、盗撮、痴漢などで冤罪を訴えていらっしゃる方からご依頼を受け、不起訴を獲得してきた実績があります。特に、否認事件では、逮捕・勾留がされやすいことから、まずは勾留請求をさせない、勾留請求を却下させる、勾留決定が出ても準抗告をするなど徹底的に勾留を争ってご依頼者を身体拘束から解放することを第一に考えます。そして、弁護人独自で現場検証等を行ったりするなど、こちらで客観的な証拠が確保できないかを考えます。何より重要になるのは、警察や検察からの取調べにご依頼者にどのように対応してもらうかという点についてのアドバイスです。このアドバイスが的確にできるかできないかによって、ご依頼者の冤罪を晴らせるのか、もしくは起訴され有罪判決を受けてしまうのかという点が大きく異なってきます。このような刑事事件・刑事弁護に関する十分な技術があるからこそ、冤罪事件で数々の不起訴を獲得することができました。

 

 当事務所は、逮捕・勾留されてしまった事件、逮捕・勾留はされなかったけど、ご依頼者が冤罪を訴えている事件を得意としています。そのように冤罪を訴えている事件で最も良い結果であるのは、不起訴を獲得することです。当事務所では、このような研修で講師として我々の知見を他の弁護士にもお伝えをすることで、埼玉だけではなく日本の刑事弁護の向上にこれからも寄与していきたいと考えています。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP