2021年2月20日、21日に宮崎県弁護士会で実施されました法廷弁護技術研修研修の講師を務めました。

 

この研修は、裁判員裁判を想定して、冒頭陳述、主尋問、反対尋問、最終弁論という法廷で行われる弁護活動の各過程を実際に実演していただき、その実演に対して即座に講評を行うという形式の研修です。

私は、日弁連法廷技術小委員会のメンバーとして、講師として派遣されました。

参加された受講生の弁護士の皆様は、弁護士登録をして3年以内の若手の皆様でしたが、非常に熱心で、かつ基本的な技術も高く、今後の活躍が非常に楽しみな方でした。

私も宮崎県弁護士会には師匠と仰ぐ尊敬する弁護士がおり、その先生の前で講師を務めさせていただき、非常に光栄でした。

今後も、当事務所は、日本の刑事司法と刑事弁護技術の発展のための活動に積極的に取り組みたいと考えております。

 

 

弁護士法人ルミナス法律事務所

弁護士 中原潤一



刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス(東京新宿・埼玉大宮)