• ホーム
  • セミナー・講師活動
  • 発達障害の方の支援|「アンガーマネジメントを学ぼう」に参加しました(大人の発達障害専門の就労移行支援 ディーキャリア水道橋オフィス)

発達障害の方の支援|「アンガーマネジメントを学ぼう」に参加しました(大人の発達障害専門の就労移行支援 ディーキャリア水道橋オフィス)

研修

2019.06.26

令和元年6月26日、ディーキャリア水道橋オフィスにて行われた、「怒りの感情と上手に付き合いコントロールする技術 アンガーマネジメントを学ぼう」という体験イベントに参加しました。

 

大人の発達障害専門の就労移行支援|ディーキャリア水道橋オフィスについて

ディーキャリア水道橋オフィスは、大人の発達障害の方のための就労移行支援を行っている事業所です。ディーキャリアでの支援は、①ライフスキルコース、②ワークスキルコース、③リクルートコースという3つのコースに分かれています。各コースに、充実したオリジナルテキストが用意されており、個々人の段階に応じた親身なサポートが行われています。

 

アンガーマネジメントについて

本イベントの主題であるアンガーマネジメントは、上記①ライフスキルコースの中のカリキュラムの1つです。アンガーマネジメントとは、怒りの感情をコントロールする技術のことをいい、怒る必要があることに対して適切にエネルギーを使い、怒る必要のないことに対しては怒らないようになることをいいます。

 

本イベントには、発達障害当事者の方、支援者の方、企業の人事担当の方など、様々な立場の方が参加し、一緒にアンガーマネジメントについて学びました。

まず、「怒り」のメリット・デメリットを考え、参加者それぞれが最近怒りを感じたエピソードを基に、怒りの感情が生まれる仕組みについて学びました。怒りの感情は、不満・心配・呆れなどの一次感情が発展した二次感情であるということは、新しい発見でした。そして、この一次感情を把握することが、怒りの感情をコントロールするためにきわめて重要であることをご説明いただきました。そのうえで、怒りの性質・傾向、衝動のコントロール方法についても、わかりやすく解説していただきました。

 

当事務所にご相談に来てくださる方々の中には、発達障害や精神障害を抱えておられる方、ご家族の方も多くいらっしゃいます。そしてその中には、感情をうまくコントロールできずに、苦しんでいらっしゃる方が少なくありません。今回、発達障害の方の支援を行っているカウンセラーの方や社会福祉士の方と直接お話しをし、さらに、発達障害の方が受講しているカリキュラムを実際に体験することで、その特性に沿った支援を行うことの重要性を再認識するとともに、弁護士の立場からはどのような支援ができるのか改めて考えることができました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP