2020年1月31日に第一東京弁護士会で開催された、「裁判員裁判における刑事弁護~裁判員裁判研修(入門編)~」の講師を務めました。

 

この研修は、裁判員裁判事件の弁護活動に必要な知識・技術の習得を目標としたものです。裁判裁判制度の概要から、裁判員裁判における基本的な弁護活動、裁判員裁判の弁護経験を踏まえた近時の傾向まで、以下の3部にわたって幅広く講義する、実践的な内容となっています。

 

第1部:捜査、公判前整理手続

第2部:冒頭陳述、尋問(主尋問・反対尋問)

第3部:弁論、評議

 

今回は、第2部の講師を担当しました。講義の中では、裁判員裁判を担当するうえで誰もが直面しうる実務的な諸問題について多数の質問もあり、研修は盛り上がりました。私自身も、講義や質疑応答を通じて、自身の弁護活動を振り返る良いきっかけとなり、大変勉強になりました。依頼者を護るために、これからも常に自己研鑽を怠らず、日々成長してまいりたいと思います。

 

弁護士法人ルミナス東京事務所

弁護士 神林美樹



刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス(東京新宿・埼玉大宮)