示談が成立し、不起訴処分となった事案

横領事件|示談が成立し刑事事件にならずに終了した事案

事案の概要

会社の経理だった方が、会社のお金を横領してしまい、それが会社に発覚しました。捜査機関に被害届が出される前に当事務所に相談いただきました。

 

弁護活動の内容

直ちに、会社に対して、謝罪、害弁償を実施しました。 金額が百万円近くで、多額であったために、会社側は被害届を出すかどうかを検討している様子でした。 他に横領していないことの誓約、万が一他に横領していたことが明らかになった場合には違約金も支払うなど、示談の条件を詰めて交渉をしました。

 

弁護活動の結果

謝罪を受け入れてもらい、被害弁償ができ、無事示談が成立しました。被害届も提出しないこと、宥恕することの意思表示もいただけました。刑事事件とならずに終了しました。

 

 

背任罪+業務上横領罪|示談が成立し、不起訴処分となった事案

事案の概要

勤務先において、金品の着服行為があったとされる事案でした。背任罪と業務上横領罪で書類送検された後に、ご依頼を受けました。

 

 

弁護活動の内容

被害金額は1000万円以上と非常に高額で、処罰感情も強く、公判請求も十分考えられる状況でした。

被害金額が1000万円であると、前科や前歴がなくても実刑、しかもそれなりの年数の実刑判決が予想されます。

ですので、我々は誠意を尽くして示談交渉を行いました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、背任・業務上横領いずれについても示談が成立し、不起訴処分となりました。

ご依頼者は刑務所に行くことなく、社会復帰をすることができました。

 

 

業務上横領罪|示談が成立し、不起訴処分となった事案

事案の概要

業務上横領をしていたことが発覚し、会社を解雇された方からご相談を受けました。

横領額は1000万円を超えており、裁判になれば刑務所に行ってもおかしくない金額でした。

一方で、その立場の弱さから、自分が関係ないものまで返済するという合意書を結ばされている状態でした。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼を受けて、すぐに文書とお電話で会社に連絡をしました。

すでにした合意書を撤回し、新たな合意書の締結を目指しました。

会社の方々はとてもお怒りで交渉は難航しましたが、最終的には従前の合意書を撤回し、刑事事件化しないという内容で合意書を作成しました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、ご依頼者は警察に逮捕されることもなく、刑事事件化せずに事件が終了しました。



刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス(東京新宿・埼玉大宮)