目次

1.刑事事件化しなかった事案
2.不起訴処分となった事案
3.執行猶予判決を獲得した事案
4.検察官の求刑を下回る判決を獲得した事案

 

 

刑事事件化しなかった事案

詐欺罪|示談が成立し、刑事事件化しなかった事案

事案の概要

給付金の還付を謳い,被害者から金銭をだまし取ってしまったという詐欺の事案です。依頼者は,受け子として携わってしまいました。事件を起こした後に,悔悟し,刑事事件になることを恐れ、当所にご相談いただきました。 

 

 

弁護活動の内容

一般的に,給付金詐欺やオレオレ詐欺は,組織ぐるみの事件が多いです。そのため,通常,裁判官は,口裏合わせなどを懸念して,逮捕状・勾留状を発付します。

また,被害者が多数存在する場合には,被害者ごとに立件され,逮捕・勾留が繰り返されて身体拘束が長期化することもあります。

今回,ご相談いただいた際に,依頼者からは,逮捕を回避できるのであれば自首をしたいとの希望がありました。しかし,自首をすれば逮捕される可能性が非常に高い事案でした。そのため,まずは,自首をするよりも先に被害者にいち早く謝罪と弁償をして,被害届を出すことを控えていただくように活動することにしました。

 

 

弁護活動の結果

被害者と示談が成立し、立件されることなく終了しました。給付金詐欺やオレオレ詐欺は,若年層が関わってしまいがちです。また,模倣的な事件も多いために,捜査機関も裁判所も厳しい対応をしてくるので,早期にご相談をいただき,適切な対応をすることが望ましいです。

 

 

不起訴処分となった事案

冤罪弁護・詐欺罪|不起訴処分を獲得した事案

事案の概要

依頼者は,身に覚えのない詐欺の疑いをかけられて,逮捕されました。共犯者とされる者と共に現金をだまし取ったという被いをかけられている事案でした。 

 

 

弁護活動の内容

逮捕を知ったご家族から,ご依頼をいただき,直ちに面会に行きました。起訴されるリスク,裁判で不利な証拠となるリスクを低減すべく,黙秘を指示しました。よく,依頼者の中には,黙秘することについて,捜査官から逆に疑われてしまうのではないかと不安に思われる方もいます。しかし,今回は,黙秘をすることで得られるメリットが非常に大きい事案であったため,依頼者に黙秘をすることを徹底的にアドバイスをしました。依頼者の伝えたいことは,弁護士が供述調書を作成する形で保全をし,「自分の言いたいことが伝わらなくなってしまうかもしれない」という依頼者の不安を払拭するための具体的な弁護活動を行いました。また,依頼者の話を裏付ける資料を,各機関から取り寄せ,証拠の保全に努めました。

 

 

弁護活動の結果

釈放され,不起訴処分となりました。

無実であるにもかかわらず,起訴されれば,身体拘束が継続するおそれが高く,誤判により有罪判決が下される心配もあったため,本当に良かったです。

早期にご相談をいただき,適切な取調べ対応をアドバイスできたことが肝になったと思います。

 

 

冤罪弁護・詐欺罪|不起訴処分となった事案

事案の内容

組織的な詐欺事件に関与したと疑われてしまった方より、冤罪弁護のご依頼をいただきました。

被害金額は数千万円と非常に高額で、複数名が検挙され、その中にはすでに裁判を終えて有罪判決を受けている方もいるという、非常に切迫した状況でした。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼者様は、詐欺であるとはまったく知らなかったことから、詐欺の故意がないとし、無罪を主張しました。

ご本人様と何度も打ち合わせをし、事実関係を詳細に精査したうえで、取り調べ対応へのアドバイス、検察官との交渉、被害者代理人との交渉等なしうる限りの弁護活動を尽くしました。

 

 

弁護活動の結果

結果、複数の詐欺事件いずれについても不起訴処分となりました。

当然のことですが、突然あらぬ疑いをかけられたご相談者様は、大きなご不安を抱えていらっしゃいました。連絡を密に取り合いながら、ご本人様、ご家族の皆様のお気持ちに寄り添った弁護活動を行った結果、切迫した状況の中でも、終始信頼関係を築くことができ、そのことが不起訴処分という最良の結果につながったと思います。

 

 

詐欺罪|不起訴処分となった事案

在宅の詐欺の事件について、複数回、捜査機関からの取り調べを受けている状況下で、ご相談をお受けしました。事実関係を詳細に整理・検討したうえで、ご相談者様は、報酬を一切受け取っておらず、首謀者に道具として利用されただけであること等を検察官に対して具体的に主張したうえで、取り調べに関するアドバイスを行った結果、不起訴処分となりました。

 

 

有印私文書偽造・同行使・詐欺|不起訴処分となった事案

共犯者らと共謀をして有印私文書偽造・同行使・詐欺をしたとして逮捕・勾留されている事件について、ご依頼を受けました。

国選弁護人は選任されていましたが、国選弁護人がなかなか動いてくれないとのことで、ご家族からご依頼をいただきました。

接見をしてご本人からお話を聞くと、共犯者の中では最も地位が低く、関与の度合いも少なかったので、それを前提とした取り調べに対するアドバイスをし、検察官に意見書を提出するなどした結果、余罪について再逮捕されることなく釈放され、本件は不起訴処分となりました。

 

 

窃盗罪+詐欺罪|勾留されるも、準抗告が認容され釈放、不起訴処分となった事案

事案の概要

酔っぱらって寝ていた方から財布をとった先輩と一緒になって、その財布にあったクレジットカードを利用して飲食代金を詐取したとされる事案でした。勾留された4日後に、ご家族から依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

国選弁護人からは特に何も連絡がなく、ご家族は弁護人がついているかどうかさえも分からないという状態でした。

 

午後8時から相談を受け、「初回接見契約」(3万円+税。正式にご依頼いただいた場合には着手金に充当。)で午後9時にからご本人と接見。ご本人は勾留されてから4日が経過していましたが、国選弁護人がついていることが判明。ご相談者にその旨をお話しして、国選の先生にそのままお願いするか、当事務所にご依頼をいただくかを考えていただくことにしました。翌朝、ご依頼のお電話をいただき、午前10時に受任。午前11時に再度ご本人と接見。そのまま検察庁に弁護人選任届を提出し、検事と面会。検事は本人を釈放するつもりはないとのことだったので、午後3時に裁判所に勾留決定に対する準抗告を申し立てました。

 

 

弁護活動の結果

準抗告は午後5時に認容され、釈放となりました。その後、被害者と示談が成立し、不起訴処分となりました。

そのまま国選弁護人がついていたら、満期まで釈放活動を行わなかったでしょう。早期にご依頼いただいたことが、早期の釈放につながりました。

 

 

否認事件・オレオレ詐欺(受け子)|不起訴処分を獲得した事案

事案の概要

オレオレ詐欺の受け子をしたとして逮捕・勾留されてしまった方のご家族から、ご依頼をいただきました。

息子さんが、オレオレ詐欺の受け子をした疑いで逮捕されてしまったとのことでした。

ご依頼をいただいて、すぐにご本人に面会に行きました。

 

 

弁護活動の内容

オレオレ詐欺の受け子は、初犯でも実刑になる可能性があります。

ご依頼者から話を聞くと、オレオレ詐欺の受け子としての認識はなかったという否認事件でした。

否認事件でも、無罪を破棄して有罪とする最高裁判例が相次いでおり、起訴されると非常に厳しい状況にあります。

そこで、取調べに対するアドバイスを綿密にして、不起訴処分を目指すことにしました。

 

 

弁護活動の結果

弁護活動の結果、ご依頼者は嫌疑不十分で不起訴処分となりました。

前述した通り、オレオレ詐欺の受け子については非常に厳しいです。

捜査段階で、適切な取調べ対応を選択し、捜査段階で不起訴処分とすることが非常に重要です。

オレオレ詐欺の受け子として逮捕されてしまった方、否認事件の弁護活動は、弁護士法人ルミナス法律事務所にお任せください。

 

 

執行猶予判決を獲得した事案

詐欺罪|示談が成立し、実刑判決を回避した事案

事案の概要

依頼者は、オレオレ詐欺の受け子として事件に関与してしまいました。逮捕直後に、ご家族からご相談いただきました。 

 

 

弁護活動の内容

オレオレ詐欺事件に関与してしまった人に対しては、近年厳しい判決が下されている傾向にあります。前科がなくても、一発で実刑判決が下されることも稀ではありません。

示談が成立しなければ、厳しい判決になることが予想されるため、粘り強く示談交渉をしていくことが重要でした。また、仮に示談が成立したとしても、オレオレ詐欺グループの中で、上位の立場であると認定されると、厳しい判決が下される可能性がありました。そのため、あくまでも、下っ端の立場で巻き込まれてしまったのだという依頼者の立場をしっかりと裁判所に伝わるように意識して、被告人質問を行いました。

 

 

弁護活動の結果

被害者と示談が成立しました。

また、依頼者の立場が、オレオレ詐欺グループの中で下位であることが認定されました。

オレオレ詐欺グループの中でどのような立場にあるかについては、捜査機関の取調べにおいて、詳細に聞かれるポイントになります。

早期にご相談をいただき、適切な取調べ対応をすることが望ましいです。

 

 

詐欺未遂罪(オレオレ詐欺)|求刑の訳55%の量刑及び執行猶予判決を獲得した事案

オレオレ詐欺の受け子である詐欺未遂被告事件で、捜査段階では違う弁護士にお願いをしていたものの、刑事事件専門の弁護士に変更したいということで起訴後にご依頼をいただきました。オレオレ詐欺に対する裁判所の判断は厳しくなってきています。裁判では、特に行為責任論の部分(ご本人が何をしたのか)を丁寧に主張・立証した結果、検察官が3年の求刑をしたのに対し、裁判所の判決は検察官の求刑の約55%である懲役1年8月、しかも執行猶予付きの判決となりました。

 

 

詐欺未遂罪(オレオレ詐欺)|執行猶予判決を獲得した事案

いわゆるオレオレ詐欺事件(未遂)において、受け子の方の弁護を担当しました。近年、オレオレ詐欺に対する量刑は非常に厳しい状況です。ご本人様の反省の気持ち、ご家族の更生支援の状況、再犯可能性がないことなどについて、具体的に主張・立証した結果、弁護側の主張が積極的に評価され、執行猶予判決となりました。

 

ご本人様が勾留されている間(起訴後に保釈が認められました)、ご家族の皆様は、とても大きな不安を抱えていらっしゃいました。身体拘束されている事件では、ご本人様に寄り添うことは勿論ですが、ご家族の皆様のご不安にも寄り添い、きめ細やかな弁護活動を行うことが大切であると考えています。

 

 

詐欺罪(オレオレ詐欺)|執行猶予判決を獲得した事案

事案の概要

息子さんがオレオレ詐欺の受け子の容疑で逮捕・勾留されてしまったご両親からのご依頼でした。オレオレ詐欺の受け子である詐欺被告事件で、捜査段階の当初は違う弁護士にお願いをしていたものの、国選弁護人の活動に納得がいかず、捜査段階の途中からご依頼をいただきました。オレオレ詐欺に対する量刑は厳しくなってきていますので、初犯でも実刑になることは十分にあり得た事案でした。

 

 

弁護活動の内容

被害者は、片道2時間以上かかる他県在住の方でした。しかし、それでも被害者の方に直接お会いしに行き、ご依頼者の謝罪の気持ちを直接お伝えさせていただいたきました。その結果,被害者の方からお許しを得ることができ、示談が成立しました。そして、裁判ではご依頼者がした行為は他のオレオレ詐欺の類型に比べて責任が重いとは言えないこと、被害者の方からお許しをいただいていること等を主張立証しました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、ご依頼者は執行猶予付きの判決となりました。

オレオレ詐欺の受け子は、初犯でも実刑になってしまう可能性があります。

素早く弁護士を変え、当事務所にご依頼をいただいた結果、示談が成立し、執行猶予を獲得できて本当に良かったです。

 

 

オレオレ詐欺(受け子)|執行猶予付判決を獲得した事案

事案の概要

オレオレ詐欺の受け子をしたとして逮捕・勾留されてしまった方のご家族から、ご依頼をいただきました。

息子さんが、オレオレ詐欺の受け子をした疑いで逮捕されてしまったとのことでした。

ご依頼をいただいて、すぐにご本人に面会に行きました。

息子さんは、知人からいい仕事があると紹介され、よくわからないまま加わってしまい、指示されるがまま、高齢者の方の家に行き、キャッシュカードを受け取り、ATMでそのキャッシュカードを使って現金を引き出してしまったとのことでした。

 

 

弁護活動の内容

オレオレ詐欺の受け子は、初犯でも実刑になる可能性があります。

息子さんは自分がしてしまったことを非常に後悔されていたので、謝罪や被害弁償、そしてもう二度と犯罪に関わらないようにするためにどのようにしたらよいかという点を、ご家族と一緒に考え、それを適切に裁判官に伝えると言う方針を取ることにしました。

そして、ご依頼者には執行猶予付きの判決が相当であることを、裁判で主張立証しました。

 

 

弁護活動の結果

弁護活動の結果、ご依頼者は執行猶予付きの判決となりました。

前述した通り、オレオレ詐欺の受け子については、現状非常に厳しいです。

前科が無くても、初犯であっても実刑(刑務所に行くこと)になってしまうケースも多いです。

そのようなケースが多い中、本件では執行猶予付きの判決となって、本当に良かったと思います。

このケースでも裁判官は、判決後の説諭で、最後まで執行猶予にするか実刑にするか迷ったと言っていました。

ご本人の反省と我々の的確な弁護活動が、執行猶予にしても良いと言う裁判官の最後の判断の後押しになったと思っています。

オレオレ詐欺の受け子として裁判になってしまった方、起訴されてしまった方、オレオレ詐欺の裁判の弁護活動は、弁護士法人ルミナス法律事務所にお任せください。

 

 

検察官の求刑を下回る判決を獲得した事案

控訴審・窃盗罪+詐欺罪+建造物侵入罪|原判決を破棄し、6カ月の減刑がなされた事案

複数件の窃盗・詐欺・建造物侵入事件について、一審で懲役2年の実刑判決を受けた事案で、控訴審の弁護を担当しました。本件では、被害者が多数存在し、一審では、その大部分の弁償がなされていましたが、うち3件の弁償が未了(示談拒否など)の状況でした。受任後、弁償が未了であった3名の被害者の方々に対して再度示談の申し入れをし、粘り強く交渉した結果、2名の被害者の方には、被害弁償を受け入れていただくことができました。残り1名の被害者の方には、再度のお話の機会をいただくことができなかったため、被害弁償金の供託を行いました。その結果、裁判所は、「原判決後の弁償により、全ての弁償がなされたことが認められる。そうすると、・・・本件による財産的被害は全て回復したといえるのであるから、このことは、量刑上充分に考慮されるべきであり、これによれば、原判決の量刑は、現時点においては、刑期の点において重きに失するに至ったというべきである」として、一審の懲役2年が懲役1年6カ月に減刑されました。一審での検察官の求刑は懲役3年でしたので、求刑の50%に減刑されたことになります。

ご相談者様の謝罪の気持ちを伝えるために、必死で駆け回り、あきらめずに最後まで戦い抜いた結果、事実取り調べ請求はすべて採用され、大幅な減刑を得ることができました。



刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス(東京新宿・埼玉大宮)