過失運転致死事件(交通事故)

目次

1.早期釈放を実現した事案
2.不起訴処分となった事案
3.執行猶予判決を獲得した事案

 

 

早期釈放を実現した事案

過失運転致死罪|勾留請求されるも、準抗告が認容され釈放された事案

事案の概要

深夜に人を轢いてしまい、被害者の方が亡くなってしまったとされる過失運転致死罪の事案でした。

過失運転致死罪で勾留されてからご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼をいただいてすぐにご本人と接見しました。

ご本人の身元は安定しており、逮捕すら必要がないような事案に思われました。

そこで、ご本人から事情聴取をしたり、ご家族から事情聴取をして勾留決定に対する準抗告申立書を作成し、裁判所に提出しました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、勾留決定に対する準抗告が認容され、ご本人は釈放されました。

その後、検察官にご本人の過失の度合いは低く、公判請求をすべきではないと意見書を提出しました。

最終的には、ご本人は在宅のまま略式請求され罰金刑となりました。

もし、勾留からの釈放のための活動をしなければ、そのまま10日間ないし20日間勾留されて裁判になっていたかもしれません。

すぐに釈放を勝ち取ることができ、またその結果裁判になることなく罰金刑となり、良かったです。

 

 

不起訴処分となった事案

否認事件・過失運転致死罪|勾留請求されず、その後不起訴処分となった事案

事案の概要

深夜に人を轢いてしまい被害者の方が亡くなってしまったとされる過失運転致死罪の事案でした。被害者の方は、原因は不明ですが、道路上で寝ていたと思われ、ご依頼者に過失があるのかという点がポイントでした。本当に自動車の事故と言えるのかが問題となりました。

 

 

弁護活動の内容

初回接見

逮捕されてからすぐにご依頼をいただき、直ちにご依頼者が留置されている警察署に駆け付けました。

そこで、事故当時の様子や勾留されてしまうと仕事ができず、ご家族を養えないことなどをお聞きしました。

そして、まず勾留されないことを目標にし、次に裁判にならないことを目標にしました。

 

釈放のための活動

すぐに検察官に対する意見書を作成しました。そこには、ご依頼者には過失があったことには疑いがあること、交流の必要がないこと(つまり、ご依頼者には逃亡や罪証隠滅を疑うに足りる相当な理由がなく、勾留される不利益が捜査の必要性を上回っていること)を記載しました。

翌朝、検察庁にかけつけ、担当検察官と面談し、意見書を提出するとともに勾留の必要がないことを説明しました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、ご依頼者は勾留請求されずにすぐに釈放され、お仕事へ復帰されました。

その後、現場を調査して裏付けを取るなどをして、ご依頼者には過失がないことを明らかにしました。その後、ご依頼者は、過失があったことについて嫌疑が不十分であるとして、不起訴処分となりました。

 

 

執行猶予判決を獲得した事案

過失運転致死罪|執行猶予付き判決を獲得した事案

深夜に人を轢いてしまい、被害者の方が亡くなってしまったとされる過失運転致死罪の事件で、裁判になってからご依頼をいただきました。証拠を検討し、依頼者にとって有利な証拠を提出するなどした結果、執行猶予付きの判決となりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP