目次

1.前科はどのような場合につきますか?
2.前科と職業・資格制限

 

 

前科はどのような場合につきますか?

前科とは、過去に有罪判決により刑の言い渡しを受けた事実をいいます。

 

捜査段階

  • 不起訴処分になった場合、前科はつきません。
  • 略式手続による罰金刑となった場合には、前科がつきます。

 

 

裁判段階

  • 無罪判決となった場合、前科はつきません。
  • 罰金判決、執行猶予判決、実刑判決の言い渡しを受けた場合には、前科がつきます。

 

 

前科と職業・資格制限

前科がついた場合、法律によって、ご本人の保有する資格が制限される職業があります。

前科による資格制限があるか、資格制限を受けるのはどのようなときか、資格制限の内容は何かについては、個々の法律によって異なります。

 

 

「罰金以上の刑」に処せられると、資格制限を受けるという職業の場合

不起訴処分を目指す弁護活動を行います。

略式手続による罰金刑、罰金判決・執行猶予判決・実刑判決のいずれかとなった場合には、資格制限を受けることになるからです。

不起訴処分を目指す弁護活動については、以下の記事をご覧ください。

 

 

当事務所では、罰金以上の刑で資格制限を受けるケースのご相談で、不起訴処分を獲得した実績があります。

 

 

 

「禁固以上の刑」に処せられると、資格制限を受けるという職業の場合

捜査段階では、不起訴処分又は略式手続による罰金刑を目指し、起訴されることを回避するための弁護活動を行います。

起訴されて裁判となった場合には、罰金判決を目指す弁護活動を行います。執行猶予判決又は実刑判決となった場合には、資格制限を受けることになるからです。

 

当事務所では、禁錮以上の刑で資格制限を受けるケースのご相談で、罰金判決を獲得した実績があります。

 

 

以下では、前科による資格制限を受ける職業の一部をご紹介します(令和2年5月1日時点の情報)。

 

このような資格をお持ちの場合、通常の刑事事件以上に、資格制限を回避するために裁判官・検察官と粘り強く交渉・説得する必要性が高く、幅広い弁護活動が要求されます。そのような弁護活動を尽くすため、できる限り早い段階で、当事務所まで、ご相談ください。

 

 

「罰金以上の刑」で資格制限を受ける職業

職業・資格

医師

法律
医師法
資格制限の内容

以下の処分をすることができる。

①戒告

②3年以内の医業の停止

③免許の取消し

備考

医事に関して犯罪行為をした場合、刑事処分の種類を問わず(不起訴処分となった場合でも)、上記の資格制限を受ける可能性があります。

 

当事務所では、刑事事件の弁護活動+医道審議会の対応、双方について、ご相談をお受けしております。

 

 

職業・資格
保健師、助産師、看護師、准看護師
法律
保健師助産師看護師法
資格制限の内容

以下の処分をすることができる。

①戒告

②3年以内の業務の停止

③免許の取消し

備考
保健師、助産師、看護師又は准看護師の業務に関して犯罪行為をした場合、刑事処分の種類を問わず(不起訴処分となった場合でも)、上記の資格制限を受ける可能性があります。

 

 

職業・資格
薬剤師
法律
薬剤師法
資格制限の内容

以下の処分をすることができる。

①戒告

②3年以内の業務の停止

③免許の取消し

備考
薬事に関して犯罪行為をした場合、刑事処分の種類を問わず(不起訴処分となった場合でも)、上記の資格制限を受ける可能性があります。

 

 

職業・資格
歯科医師
法律
歯科医師法
資格制限の内容

以下の処分をすることができる。

①戒告

②3年以内の歯科医業の停止

③免許の取消し

備考

医事に関して犯罪行為をした場合、刑事処分の種類を問わず(不起訴処分となった場合でも)、上記の資格制限を受ける可能性があります。

 

当事務所では、刑事事件の弁護活動+医道審議会の対応、双方について、ご相談をお受けしております。

 

 

職業・資格
歯科衛生士
法律
歯科衛生士法
資格制限の内容

以下の処分をすることができる。

①期間を定めた業務の停止

②免許の取消し

備考
歯科衛生士の業務に関して犯罪行為をした場合、刑事処分の種類を問わず(不起訴処分となった場合でも)、上記の資格制限を受ける可能性があります。

 

 

職業・資格
獣医師
法律
獣医師法
資格制限の内容

以下の処分をすることができる。

①期間を定めた業務の停止

②免許の取消し

備考
獣医事に関する不正の行為をした場合、刑事処分のいかんを問わず、上記の資格制限を受ける可能性があります。

 

 

職業・資格
栄養士、管理栄養士
法律
栄養士法
資格制限の内容

以下の処分をすることができる。

①1年以内の期間を定めて栄養士・管理栄養士の名称の使用の停止

②免許の取消し

備考
栄養士又は管理栄養士の業務に関して犯罪行為をした場合、刑事処分の種類を問わず(不起訴処分となった場合でも)、上記の資格制限を受ける可能性があります。

 

 

職業・資格
調理師
法律
調理師法
資格制限の内容
免許を取り消すことができる
備考
麻薬、あへん、大麻又は覚せい剤の中毒者も、上記の資格制限を受ける可能性があります。

 

 

「禁錮以上の刑」で資格制限を受ける職業

職業・資格
国家公務員
法律
国家公務員法
資格制限の内容
(人事院規則で定める場合を除き) 当然失職する
資格制限の期間

刑の執行を終わるまで、又は、刑の執行を受けることがなくなるまで

 

 

職業・資格
地方公務員
法律
地方公務員法
資格制限の内容
(条例に特別の定がある場合を除き) その職を失う
資格制限の期間

刑の執行を終わるまで、又は、刑の執行を受けることがなくなるまで

 

 

職業・資格
学校の教師
法律
教育職員免許法
資格制限の内容
免許状が失効する

 

 

職業・資格
保育士
法律
児童福祉法
資格制限の内容
登録が取り消される
資格制限の期間

刑の執行を終わり、又は、刑の執行を受けることがなくなった日から起算して2年経過するまで

 

職業・資格
公認会計士
法律
公認会計士法
資格制限の内容
登録が抹消される
資格制限の期間

刑の執行を終わり、又は、刑の執行を受けることがなくなった日から起算して3年経過するまで

 

※公認会計士法その他特定の法令に違反する罪を犯した場合:

刑の執行を終わり、又は、刑の執行を受けることがなくなった日から起算して5年経過するまで

 

 

職業・資格
司法書士
法律
司法書士法
資格制限の内容
登録が取り消される
資格制限の期間

刑の執行を終わり、又は、刑の執行を受けることがなくなった日から起算して3年経過するまで

 

 

職業・資格
行政書士
法律
行政書士法
資格制限の内容
登録が抹消される
資格制限の期間

刑の執行を終わり、又は、刑の執行を受けることがなくなった日から起算して3年経過するまで

 

 

職業・資格
社会保険労務士
法律
社会保険労務士法
資格制限の内容
登録が抹消される
資格制限の期間

刑の執行を終わり、又は、刑の執行を受けることがなくなった日から起算して3年経過するまで

 

 

職業・資格
社会福祉士
法律
社会福祉士及び介護福祉士法
資格制限の内容
登録が取り消される
資格制限の期間

刑の執行を終わり、又は、刑の執行を受けることがなくなった日から起算して2年経過するまで

 

 

職業・資格
土地家屋調査士
法律
土地家屋調査士法
資格制限の内容
登録が取り消される
資格制限の期間

刑の執行を終わり、又は、刑の執行を受けることがなくなった日から起算して2年経過するまで

 

 

職業・資格
警備業者・警備員
法律
警備業法
資格制限の内容
警備業務を営むこと、警備業務を行うことができない
資格制限の期間

刑の執行を終わり、又は、刑の執行を受けることがなくなった日から起算して5年経過するまで

 

 

職業・資格
賃金業者
法律
賃金業法
資格制限の内容
登録が取り消される
資格制限の期間

刑の執行を終わり、又は、刑の執行を受けることがなくなった日から起算して5年経過するまで

 

 

このページは、弁護士法人ルミナス東京事務所 弁護士 神林美樹 が執筆しました。