2021年8月25日に福岡地裁が言い渡した死刑判決について、弁護士ドットコムニュースからの取材に回答しました。

リンクはこちらです→工藤会トップ死刑、間接証拠だけの判決をどうみるか 刑事弁護士が感じたこと – 弁護士ドットコム (bengo4.com)

 

この事件は、直接証拠がなく、間接証拠で死刑判決を言い渡したというトピックもありました。

この点について、そもそも本件で何が問題になっていたのか、共謀はどのように認められ得るのか、直接証拠がなくても有罪にできるのか等について解説しました。

そして、安易に有罪認定をしてしまうことが、他の事件にも及び得ることや、すでに他の事件でも緩やかに認められてしまっていることにも言及しています。

是非ご覧下さい。

 

 

弁護士法人ルミナス法律事務所

弁護士 中原潤一



刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス(東京新宿・埼玉大宮)